分譲実績

住宅建築の現場管理

今日は基礎工事の現場に遣り方のチェックに行ってきました。
遣り方(やりかた)と言うのは、敷地の中に基礎を作るときに、高さや配置を決めることです。
設計図通りに工事がされているか管理監督する必要があるのです。
北側斜線や道路斜線、隣地窓先空地等設計は法律の枠の中でどれだけ快適な家を作るかぎりぎりの寸法を追い求めます。
現場ではその設計図通りに工事がされないといけません。
ポイントを押さえてしっかり管理することが大事です。
グランドラインコーポレーションの家造りは施工管理はもちろん、その結果を管理記録としてお客様にお渡ししております。
「建物成長記録」としても喜ばれております。